核兵器禁止条約第1回締約国会議に寄せて(ラメッシュ・タクール氏)

2022年6月19日付の聖教新聞より
核兵器禁止条約第1回締約国会議に寄せて 
ラメッシュ・タクール氏 インタビュー
オーストラリア国立大学名誉教授。国連事務次長補、国連大学上級副学長などを歴任) 

ラメッシュ・タクール氏

 

核兵器禁止条約は2017年7月7日に採択され、50ヶ国の批准をもって2021年1月22日に発効。
国際社会で核兵器の製造、運用は違法となり、禁止されました。
しかし依然として非加盟国には効力が及ばず、核廃絶にはまだ様々な問題があります。
以下、記事の引用(黒色)です。
青色文字はブログ主のコメントです。



――核禁条約が国連で採択されてから来月で5年を迎えます。まず同条約の意義をどう評価していますか。

多国間の枠組みによる軍備管理の成果としては、1970年に発効したNPT(核拡散防止条約)以来、この半世紀で最も大きなものと言えるでしょう。NPTが50年にわたって世界の核体制の安定を支え、十分ではないにせよ、核の拡散に歯止めをかけてきたことは間違いありません。
 
核兵器の不拡散に関する条約(NPT) 1970年に発効
(目的)米露英仏中の5か国を「核兵器国」と定め「核兵器国」以外への核兵器の拡散を防止する。
締約国数は191か国・地域(2021年5月現在)。
非締約国はインド、パキスタンイスラエル南スーダン
 
世界の核兵器数は、冷戦期のピーク時(1987年頃)に70,000発でしたが、
米ソ間で交わされたINF(中距離核戦力全廃条約、レーガンゴルバチョフが署名)を境に着実に減少し、
2019年1月時点で13,865発となっています。このうちの90%以上を米露が保有
核兵器保有数は、ピーク時から現在までずっと下降線をたどっています。
 
1950年代 核開発競争 ~約20,000発
1970年 NPT発効 約40,000発
1987年 INF条約 約70,000発(ピーク)
1989年 ベルリンの壁崩壊
1991年 ソ連崩壊
    START成立
1995年 NPT無期限延長
1996年 CTBT(包括的核実験禁止条約)採択(未発効)
2010年 新START成立
2017年 TPNW(核兵器禁止条約)採択 15,000発
2021年 同条約発効

世界の核弾頭数推移(毎日新聞
このようにみるとピーク時から20%まで減少しており、一定の成果はあったともいえます。
 
――核禁条約は、批准していない国には効力を持ちません。そのため、“核兵器を持つ国が批准していないのだから意味がない”という批判があります。

確かに批准していない国に対する効力はありませんが、一方で、国連で議論され採択された条約が「何の力も持たない」とは言えないでしょう。122カ国の賛成で成立した倫理的、法的規範であり、核兵器の所有や核抑止の根拠を揺るがす力になります。もう一つ、この条約には重要な意義があります。国際政治においても国連の仕組みとしても、地政学的な中心は米英仏中露の5カ国が常任理事国を務める安全保障理事会にあります。しかし核禁条約は、安保理ではなく、全加盟国からなる総会で採択されました。国際安全保障政策における重要な民主的変化であり、核兵器に対する規範の確立という点からも特筆すべき進歩と言えるでしょう。
 
保有国は批准してないから効力がない、とはこれもよくいわれる議論ですが、
同条約に批准し、核廃絶を表明する国の方が圧倒的に多いこと、
そして国連総会で民主的な決定がなされたことは、少なからぬ説得力を持ち、
保有国の正当性を揺るがすものと期待できます。


続きはのちほど・・・

核兵器禁止条約第1回締約国会議 SGI代表が参加

核兵器禁止条約・第1回締約国会議が21日(現地時間)、オーストリアのウィーンで開催されました。
同条約は核兵器の全廃を目的に、核兵器の開発、実験、製造、取得、保有、貯蔵、移譲、使用、
威嚇などを禁じる条約です。
2017年7月7日、122カ国の賛成多数で採択され、現在、締約国は65カ国となっています。
しかし核保有国はいずれも批准しておらず、法的拘束力はありません。
また残念なことに日本も同会議に参加していません。唯一の被爆国でありながら痛恨の極みです。
今回、SGI創価学会インタナショナル)の代表団が、市民社会の一員として出席したとのことです。

ウィリアム・ブグロー(フランス・アカデミック絵画の巨匠)

ヴィーナスの誕生 (1879)

ブグローの代表作の一つ。
サンドロ・ボッティチェリ作「ヴィーナスの誕生のオマージュ。


ウィリアム・ブグローは、1825年にフランスの大西洋に面した町ロシェルに生まれ、
フランスの美術アカデミーで本格的な絵画を学んだアカデミック美術を代表する画家です。
青少年時代から絵が好きだったようですが、ワイン店を経営する父からは
なかなか理解が得られず、学費等の援助の面で苦労したようです。
それでも余りある情熱で美術学校で絵を習い、めきめきと頭角を現していきます。
(いかなる反対にあおうと、このような内なる情熱こそが道を開くものです。)
日本ではゴッホやモネなど印象派の作品がよく知られていますが、
印象派が登場する少し前の時代に生きた画家であり、
生前は人気が高かったのですが、没後100年くらいは
印象派キュビズムなど他の時代の作品と比べると意外と知られていません。

とにかく凄い作品ばかりなのです!


以下、制作年順に主要な作品を紹介します。
(作品数が多く、ここに挙げていない魅力的な作品もたくさんあります。)
画家の生涯など詳細はまたの機会に・・・。

地獄のダンテとウェルギリウス 1850年

比較的若いころの作品です。ダンテの「神曲」から。
この作品を描いた1850年
(25歳くらいの頃)「ローマ賞」を獲得します。
ローマ賞」はルイ14世が創設した芸術家養成のための奨学金制度です。
ルイ14世は「朕は国家なり」といったフランスの皇帝で絶対王政の象徴のような人物ですが、
芸術に対する造詣は深く、フランスの美術アカデミーの淵源はイタリア・ルネサンスの研究家
で知られるジョルジョ・ヴァザーリフィレンツェに創設した「素描アカデミー」にあります。

羊飼いがアラックスのほとりでゼノビアを見つける 1850年

こちらがローマ賞を獲得した作品です。

以下はすべて1870年以降の熟達を極めた作品となります。
どれも言葉にならないほどの圧巻の作品群です。

浴女 1870年

 

Pendant l'Orage 1872年

 

ニュンペーとサテュロス 1873年

ある批評家はこれを「われわれの世代の最も偉大な絵」と評しています。

ニュンペーとサテュロス - Wikipedia (こちらで拡大図が見れます)

 

Homer and his Guide 1874年

紀元前8世紀頃の古代ギリシャの吟遊詩人ホメロスを描いた作品。
ホメロス叙事詩イーリアス」と「オデッセイア」の作者として有名です。
絵の人物が目を閉じているように、ホメロスは生まれつき盲目だったようです。
詩才のある人物や有名な予言者たちの多くは盲目であったといいます。

オデュッセイア」に登場するスケリア島の王女ナウシカアー
風の谷のナウシカ」はこの王女の名前に由来してるようです。
宮崎駿作品は神話をモチーフにしたテーマや名称がよく用いられてます。


クピド 1875年

 

天国へ運ばれる魂 1878年

 

A Young Girl Defending Herself Against Eros 1880年

 

Day 1881

 

天使の歌 1881年

 

La Nuit 1883

 

ビブリス 1884年

 

Lost Pleiad 1884年

 

バッカス幼年時代 1884年

 

The Shepherdess 1889年

 

プシュケとラムルー 1889年

 

アムールとプシュケー、子供たち 1890年

 

Innocence(清純) 1893年

 

Bacchante 1894年

 

French La Vague(The Wave)1896年

 

Amore e Psiche 1899


いかがでしたか?これはぜひ本物を近くで観てみたいものですね!
細かな解説、感想などはまた追って補足していきたいと思います。


仏典には「心は工(たく)みなる画師の如し」とあります。
ブグローのごとき技術は、画家にとって羨望の的であり、
生まれ持った才能と長年に渡る努力と情熱のなせる賜物です。

想像力に翼が生えたようなものです。
このような技術の基礎を若いうちに身につけることができるのは極めて幸運なことです。
森羅万象を描き切る技能を得て、四方の山々を見渡す境地に至ることができれば、
どんなにすばらしいことでしょう。

ウィリアム・アドルフ・ブグロー(肖像画 1886年

今年はカツオが豊漁


今年の初鰹は豊漁らしいです。

 

カツオは黒潮の流れに乗って来るので「黒潮の子」といわれます。

 

黒潮の源流は、日本から遥か1万km離れた赤道付近。

 

フィリピン沖には、1万km離れたハワイ沖から1年中強風が吹きつけており、
これに地球の自転の力が加わり、海流が生じて黒潮となります。
フィリピンの沖合で大陸棚にぶつかった流れは北に向きを変え、
暖かな赤道付近の水を一つに集め、台湾・石垣島~トカラ海峡を通って、
日本南岸へ流れ込みます。
黒潮が運ぶ水や熱の量は世界の海流の中でも群を抜いて大きく、
黒潮は日本列島の気候や風土に計り知れない影響を与えてきたといいます。
 

黒潮を吸い上げた雨は日本列島に降り注ぎ、森でミネラルを含んだ水に変わり、
川や水田、海へと流れ出ます。
日本の暮らしを支えてきた稲作も黒潮がもたらす暖かさと湿り気の賜物。
この森と川と海の循環が黒潮を豊かにしています。
さらに黒潮は海底から栄養に富んだ生き物の死骸を大量に巻き上げていきます。
その黒潮に集まるプランクトンは、世界の暖流の中で数や種類が最も多い。
カイアシはイワシなど小魚の大好物で、そのイワシ黒潮の子カツオが狙います。
そして黒潮の恵みをたっぷり吸収したカツオは世界で最も大きな魚へ育ちます。

ちなみに、あのジンベエザメプランクトンしか食べないらしいです。

それだけであの巨体を維持してるというので驚きます。

それだけプランクトンは栄養豊富ということでしょう。

この黒潮が近年、日本南岸で大蛇行しています。

オレンジが海水温の高い場所で、緑が低い場所。

その境目が黒潮です。(青は冷水渦。)

この黒潮の大蛇行がカツオの豊漁をもたらしてるそうなのです。

これが2017年8月から現在まで続いており、

1965年以降最長とのことです。

平年は図のように蛇行せず、一直線に北東に流れます。

 

そのため海の幸が激減してます。

海苔、アワビ、サクラエビ、シラス・・・。

 


初ガツオは嫁を質に入れてでも・・・といいますが、

江戸時代は貴重なものだったのです。

せっかくの豊漁なので食べてみたいですね!

 

 
大地はささばはづるるとも虚空をつなぐ者はありとも、
潮のみちひぬ事はありとも日は西より出づるとも、
法華経の行者の祈りのかなはぬ事はあるべからず。
(祈祷抄)

神戸海軍操練所と勝海舟の私塾(海軍塾)

神戸海軍操練所跡(神戸市中央区新港町)
江戸幕府軍艦奉行であった勝海舟は第12代将軍徳川家茂に進言し、
外国船に対抗し海軍の人材を養成しようと、
天然の良港であった神戸港に海軍操練所を開設。
これに隣接した勝海舟の私塾(海軍塾)には、
明治維新の立役者となる坂本龍馬を塾頭に、
陸奥宗光ら諸藩の志士が集い、
佐幕派、討幕派、攘夷派、脱藩浪人らが一斉に航海術を学びました。
勝海舟には幕府、諸藩の枠を超えて日本の海軍をつくる、
という壮大な構想があったのでした。
しかし勝塾に学ぶ志士の一部が、
蛤御門の変禁門の変)で長州藩の勢力として加わり、
会津藩主で京都守護職松平容保らの排除を目論んだことで、
京都市中は市街戦となり、この戦火により約3万戸が焼失するなど、
太平の世を揺るがす大事件となりました。
これにより勝海舟は責任を取らされ軍艦奉行を罷免、
操練所は廃止されてしまいました。
 
 
「異体同心なれば万事を成し同体異心なれば諸事叶う事なし」
(異体同心事)
 
「よき弟子をもつときんば師弟仏果にいたり、あしき弟子をたくはひぬれば
師弟地獄にをつといへり、師弟相違せばなに事も成べからず」
(華果(はなみ)成就御書)
 
ありがとうございました。

君は何かができる ~アニメ「キャプテン」主題歌

www.youtube.com

若い日はみな 何かをめざせ

秘めた力 自分じゃわからないよ

夢を大きく持とう

そうだ とびきりでかく

答えよりもっと 大事なことは

勇気出して 自分を試すことだ

君は何かができる

誰も何かができる

 

熱い想い 燃やせばそれで

心も体もさわやかだ 僕らは

若い日はみな 進んでゆけよ

うしろ向くな 前だけ向いてゆけよ

それが青春なんだ

それが青春なんだ

 

泣ける日もある そんな時には

風の中に 涙はふき飛ばせよ

君は何かをやった

僕も何かをやった

 

この胸が今 すがすがしいよ

きのうよりも

自分が大きくなった

それが青春なんだ

それが青春なんだ

 

熱い想い 燃やせばそれで

心も体もさわやかだ

熱い想い 燃やせばそれで

心も体もさわやかだ

僕たちは

ガンジーが祈る南無妙法蓮華経~法華経との出会い

インド独立の父、マハトマ・ガンジーは自身の信仰について、

「自分はヒンドゥー教徒であり、イスラム教徒でもあり、また、原始キリスト教という意味ではキリスト教に賛同する」

と言っていたそうですが、仏教における仏典の最高峰である「法華経」にも大いなる関心を寄せ、その後日蓮を知り、独立運動の同志たちと朝夕「南無妙法蓮華経」と唱えていたそうです。

thelotussutra.org ガンジーは、あらゆる風雪に耐えてなお、多くの民衆から支持されてきた「法華経」とはいかなる経典であるのか、その真意を知りたがっていたのですが、当時は法華経に関する資料をなかなか手にすることができませんでした。

そんな折に、世界的にも著名な仏教学者であり、言語学者でもあったラグヴィラ博士を通じて、日本人とヨーロッパ人の共同で編集され、1908年にソビエト以前の旧ロシアで出版された「サンスクリット法華経」とオックスフォード大学出版の「東方聖書」という書籍に載っていた「英訳 法華経」を手渡されたといいます。
そして法華経を読んだガンジーは、博士にたくさんの質問を投げかけてきました。


ラグヴィラ博士


ラグヴィラ博士は、日本人との出会いを通して法華経を学び、日蓮大聖人について書かれた日本の仏教学者の本を読んで、七文字の題目の歴史的背景や意義についてガンジーに説明しました。

博士は、法華経の眼目である「南無妙法蓮華経」の意味について「森羅万象を形成し、発展拡大しゆく根源の実体である」と説明しました。(「諸法実相」ともいいます。)
ガンジーは、南無妙法蓮華経が「人間に内在する宇宙大の力の究極の当体を表現しており、宇宙の至高の音律が奏でる生命そのものであること」を覚知したと博士は語っています。

以来、ガンジーは自らの道場(アシュラム)での祈りに「南無妙法蓮華経」の題目を取り入れるようになりました。ラグヴィラ博士は「ガンジーの師匠は、日蓮大聖人である」と息子であるロケッシュ・チャンドラ博士に語ったそうです。


アシュラム(道場)での祈り

ロケッシュ・チャンドラ博士はインドの著名な仏教学者であり仏教に関する著書は462以上を数えます。インド文化国際アカデミー理事長であり、インド国会議員を歴任された人物です。また創価学会・池田SGI会長とも対談し、共著に「東洋の哲学を語る」(第三文明社)があります。


池田SGI会長とロケッシュ・チャンドラ博士

ガンジーの冊子(祈りの言葉)
2014年に開催された「法華経――平和と共生のメッセージ」北海道展では、ガンジーの祈りの言葉を収めた「冊子」が初公開されました。そこにはインドのタミル文字とデーヴァナーガリー文字で「ナムミョウホウレンゲキョウ」の音が記されています。また祈りの意義について、以下の言葉が収められていたといいます。

「祈りとは、心の内面から自然発生的に湧き上がるものである」
「祈る者は、全身全霊で隷属を拒否する者である」

このように仏教発祥の地であるインドにおいて、インド独立の父と呼ばれたガンジー日蓮大聖人を通して法華経の真髄に迫り、日々同志たちと共々に南無妙法蓮華経とお題目を上げていたというのは特筆すべきことです。1930年代半ばといえば、初代牧口常三郎先生と戸田城聖先生が創価教育学会を創立したばかりの頃であり、丸眼鏡をかけ、痩身で頭脳明晰なガンジーが民衆を率いる姿は、どことなく戸田先生の姿を彷彿とさせるものがあります。



ガンジーは晩年、惜しくも凶弾に倒れますがイギリスの支配下にあったインドは、1947年、独立を勝ち取り、ガンジーの願いは成就していきます。

日蓮大聖人は「治病大小権実違目」という御書のなかで、富木常忍から受けた「疫病がなぜ収まらないのか?」との質問に対して、疫病を社会の病と捉えた上で、大乗と小乗、権教と実教を取り違えてはならないことを述べられ、さらに実教の法華経の中でも、観念観法である天台の「理の一念三千」は己心の煩悩と対峙するのみであり、現実変革の力はないと論じます。まして法華経を差し置いて小乗、権教を用いるのは猶更であり、時代・社会の歪みを治すのは、法華経以外になく、日蓮仏法の「事の一念三千」の題目こそ、万人に開かれた成仏の直道であり、国や環境をも変えていく力があることを述べられます。

インドにおいて仏教といえば、糞僧衣(オレンジ色の袈裟)を着て、托鉢行や厳しい禁欲。黙然と座禅・瞑想に耽るなど、己心の平安を求める修行がいわゆる伝統仏教のあり方ですが、ガンジーをはじめ、インドの著名な仏教学者らが日蓮仏法に関心を寄せていたのは、現実の宿命を変えゆく力強さを題目の声、祈りに感じていたからかもしれません。